読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やめたら楽々~楽ちんエコ家事と節約~

いろいろやめてみて必要十分生活を検証してみる主婦のブログ

2016年冬の風邪~声帯炎を治そう!

今年の冬の風邪はどうやら「のど」にくるらしい。

周りの人たちも「のど」をやられた~という声を良く聞く。

そんな自分も二週間前から風邪をひき、無理しながら日々生活を送り、のどを酷使しているうちに、声がかすれかすれ~。

翌朝朝起きたら声がでない!

ガラガラ声すらどんどん出なくなる。

そして病院へ。

「声帯炎になってるね」

「声帯が腫れててポリープができる一歩手前」

「しばらく声出さないようにね」

 

・・・仕事ができぬ。作業ではできても応対ができぬ。(ーー;)

 

早く治すためにいろいろ調べてみました。

 

~声帯炎完治への道~

1.なるべく声を出さない

 とにかく使わないことらしいです。声帯が疲れきっているので休ませます。

2.頻繁にうがい

 うがい薬をもらったので、一時間に一回はうがいしたい!

 

【第3類医薬品】イソジンうがい薬 120mL

【第3類医薬品】イソジンうがい薬 120mL

 

 

3.常にマスク

 24時間ほとんどマスクしています。しかも「ぬれマスク」。お金かかるかど早く治したい。

 

 

 

 

4.部屋を加湿

 加湿器フル稼働中。湿度50%以上必須。

 

 

5.首を冷やさない

 寝るときはネックウォーマー。外出時はマフラー。

寝るときの 体の冷えない不思議な首肩パジャマ M-L

6.のどあめ・トローチ

 トローチ、そしてひたすらのどあめ。はちみつ系がよいらしい。ハッカとかスースーするものは避けたほうがよいみたい。

 カンロのボイスケアのどあめがおすすめらしい。

 

 

カンロ ボイスケア のど飴 70g

7.水分補給

 常温かぬるま湯(←ポイント)のものを飲むのがよいみたい。手っ取り早くのどに水分!

ウーロン茶やコーヒーなどカフェインが入っているものはのどを乾燥させるのでダメみたいです。

8.激辛、チョコ、牛乳に注意

 のどにダメージを与えるのと、チョコや牛乳は声帯に膜をはってしまうので治りにくくなるそうです。チョコ好きとしてはきつい・・・

9.漢方薬

 病院で処方されたのが「桔梗湯(ききょうとう)」でした。そのほかにも「響声破笛丸(きょうせいはてきがん)」も売れているらしい。

 

【第2類医薬品】ツムラ漢方桔梗湯エキス顆粒 8包 ×2

 

【第2類医薬品】響声破笛丸料エキス顆粒KM 9包 ×5

 

10.ハーブティー

エキナセア」が評判よいみたいです。のどあめもあり。

山本漢方製薬 エキナセア茶100  0X10H

エキナケア のど飴 15粒

 

 

アナウンサーの方など一日に何度もうがいをするって書いてあったのを見て、声が出なくなってのどケアの大事さをはじめて知ったのでした。

声優の方は夏でもマスクやマフラーをして寝ていたりする人もいるそうです。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村